のほほん Nゲージ

鉄道に詳しくないけど、模型好き

GM 集電板

私が持っている東武鉄道の車両は、GM(グリーンマックス)社が多いです。

分解して分かったのですが、M車、ライトが点灯する先頭車以外には、集電板がついていません。

 

自作することも考えましたが、室内と台車の両方を作るのは、ちょっと困難。

純正品の価格を調べてみると、一台当たり、100円程度。台車の集電板と室内の集電シューのセット×四両分。その全てを自作すると考えると、そんなに高くないと思いました。

f:id:hanihiro65:20190328024904j:plain

これです。四両分入って定価は540円(税込み)。

実売価格はだいたい二割引が多いですね(432円で購入)。

なので、一台当たり約100円となります。

 

早速、取り付けてみましょう。

f:id:hanihiro65:20190328025137j:plain

長い板状のモノが室内用、短いモノが台車用の集電板です(言われなくても分かりますね?)

用意した車両は、6050系(中間車仕様)が一台、30000系(中間車)が二台。

この三台に取り付けます。

 

f:id:hanihiro65:20190328025335j:plain

室内用の集電板は、形がけっこう複雑です。

場所によって幅が違ったり、切れ込みが入っていたりして、独特な形をしています。

う~ん、これは作れないな・・・。

f:id:hanihiro65:20190328025520j:plain

ピッタリ穴にハマっています。

私の技術ですと、こんな穴を開けているだけで日が暮れそう(笑)。

購入してよかった・・・。

 

f:id:hanihiro65:20190328025652j:plain

台車用の集電方法はTomix製と似ていますが、こちらは上から乗っけるだけ。

逆さにすると外れてしまいます(笑)。

しかしスプリングがない分、こちらの方が転がり抵抗は少なそうですよ。

 

f:id:hanihiro65:20190328025908j:plain

完成の図。

台車は見えませんが、そちらにも集電板を装着済みです。

 

f:id:hanihiro65:20190328025951j:plain

6050系、撮る前に違うところに置いてしまいました。

今回の作業は、何の加工もせずに終了。

 

いつもは何らかの問題が起こるので、 ちょっと物足りないカモ・・・。

 

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ