のほほん Nゲージ

鉄道に詳しくないけど、模型好き

SHINKYOカプラー (客車3両) (Tomix)

先日、旧タイプの電気機関車のカプラー交換を終えました。

 

交換したのは、全てTomix製。

アーノルドカプラーを、全て密自連TNに交換しました。

 

ところが、私の持っている車両の多くはKato製。

カプラーに互換性はありません。

 

はい、勘のいい方はお分かりですね(表題にも書いてあるし)。

引かれる方、つまり客車や貨車のカプラーを「SHINKYO」カプラーに交換すれば、どちらのメーカーのモノも引くことが出来るのです。

 

「SHINKYOカプラー」とはどちらの会社のモノにでも対応できる、非常に便利なカプラーです。

では早速、作業に取り掛かりましょう。

 

f:id:hanihiro65:20190201121916j:plain

用意したのは客車3両。

なぜこれらが選ばれたかと言うと、たまたま目の前にあったからです(笑)。

手前から オユ10 (Kato)・マニ60 (Kato)・オハ50(Tomix)です。

全車ともKato製の密接A、もしくは Kato N カプラーに交換してあります。

 

一番手前の、オユ10から手掛けていきます。

そこで、いきなり失敗。

付いていたカプラーを力任せに外そうとした結果、カプラーポケットにひびが入ってしまいました。

 

f:id:hanihiro65:20190201122948j:plain

分かりやすいように、少し左横にずらしていますが、本来ならずらすことすら出来ないはずです。

早くもトホホ気分・・・。

 

f:id:hanihiro65:20190201123243j:plain

取り付けは、外す時よりもスムースにいきました。

Kato製の方が、根元が少し太いのかもしれません。

しかし、ここで第二の問題発生。

画面の通り、カプラーがお辞儀をしています。

挨拶すらまともに出来ない、書き手を戒めているのでしょうか?

 

f:id:hanihiro65:20190201123536j:plain

「う~ん、何とか出来ないもんじゃろか?」

カプラーポケットの内側を覗いてみると、何やら飛び出ている部分があるではありませんか?

もともとスプリングを付けていた突起です。

そこに再びスプリングを付けてみます。

 

f:id:hanihiro65:20190201123827j:plain

「おぉっ! 角度が上がったっ!」

今度は、どや顔みたい(笑)。

私自身は、謙虚に過ごしましょ。

 

2両目は、オハ50。

Tomix製ですが、Kato製のカプラーを装着してあったものです(問題なく取り付けられますよ)。

 

f:id:hanihiro65:20190201124213j:plain

カプラーポケットのカバーは金属製。先ほどのことがあるので、慎重に外していきます。

 

f:id:hanihiro65:20190201124317j:plain

先ほどの苦労を、忘れるくらいスムースにことが運びました。

 

「よ~し、この調子で3両目もやるぞっ!」

先ほどより慎重に作業をし、何事もなくカプラーが外れました。

「もう少しだ・・・」

終わりが見え、いやがおうにも気分が高まります。

 

しかし、何ということでしょう。

第三の問題が発生したのです。

 

f:id:hanihiro65:20190201124756j:plain

付けてる途中で、「SHINKYO」カプラーが分解っ。

かみ合わせが緩く、外れてしまったのです。

実は「SHINKYOカプラー」は、全体的にかみ合わせが緩いものが多いのです。

私は、保険のためにタミヤの「セメダイン」を塗布していましたのですが、それでも外れてしまいました。

 

「マジか・・・」

高まった気分がみるみるしぼんでいきます。

しかし、ここで諦めるわけにはいきません。

模型ではあまり使わない、接着力の強いボンドを取り出しました。

ボンドの厚みで、少々膨らんでしまいますが、強度は格段に増します。

 

f:id:hanihiro65:20190201125138j:plain

しっかりくっついたので、再度挑戦。

マニ60は、オユ10と同じKato製なので、同じようにスプリングを取り付け、お辞儀をしないようにしました。

 

f:id:hanihiro65:20190201125239j:plain

3両揃い踏み。

苦労した作業は、それだけ達成感もありますね(笑)。